おしゃれな住宅街

住宅FCへの加盟で経営コストの大幅削減が達成される

工務店が住宅FC(フランチャイズ)への加盟を検討するにあたって一番気になるのが負担するコストがいくらになるのか?という経済的な問題です。大手メーカーの流通や経営ノウハウを利用できる住宅FCは工務店にとって大きなメリットがありますが、メリットがあるなら当然それ相応のコストが発生するのではと考えるのは当然です。コンビニや飲食のフランチャイズでは加盟店側に過大な負担が押し付けられているという話も聞かれますが、住宅FCにおける加盟負担はどのようになっているのでしょうか。
結論から申し上げると、住宅FCへの加盟で工務店が新たに負担するコストは課題なものではなく心配する必要はありません。住宅FCへの加盟にあたっては登録料金や年会費が発生しますが、これまでの経営で負担していたコストが削減されるのと相殺できる程度でありトータルコストは加盟前とほとんど変わらないか安くおさまります。
これまでの工務店経営では資材調達時の中間マージンや割高な宣伝コストが発生していましたが、住宅FCに加盟することでスケールメリットをいかした安価な資材調達ルートの利用や大手メーカーのブランド力による宣伝効果などによりコストの大幅削減が実現するためコスト増を気にする必要はありません。

注目記事

  • 加盟する住宅FC選びのポイント

    工務店経営の新たな選択肢として注目されている住宅FC(フランチャイズ)ですが、最近は大手メーカーの進出が激しくグループ拡大に向けた勧誘競争が激しさを増しています。同じ住宅FCといっても系列によって内容やサービスは大きく異なります。それぞ…

    MORE

  • 住宅FCへの加盟で経営コストの大幅削減が達成される

    工務店が住宅FC(フランチャイズ)への加盟を検討するにあたって一番気になるのが負担するコストがいくらになるのか?という経済的な問題です。大手メーカーの流通や経営ノウハウを利用できる住宅FCは工務店にとって大きなメリットがありますが、メリットがあ…

    MORE

TOP